本文へスキップ

Kwik App Design Book: 7 CoronaSDKの設定


Corona SDKのSimulatorが起動すると以下のウェルカム画面が表示されます。

Welcome Screen


  • NEW PROJECT:新規にCorona SDKのプロジェクトを作成します。
  • OPEN : 既存のプロジェクトを開きます。

  • Docs:ウェブページのAPIの文書一覧が開きます。
  • Samples:SDKに梱包されているサンプルを選び、再生することができます。
  • Forum:ウェブページのフォーラムのページが開きます。
  • Learn:ウェブページのチュートリアルのページが開きます。

File メニュー

Macでは、iOSのビルドのメニューが用意されています。

  • New Project:新規にプロジェクトを作成します。
  • Open Project:プロジェクトを開きます。
  • Build for iOS: デバイス用のビルドとして、iOSのアプリを作成します。 Mac版のシミュレータだけで利用可能です。
  • Build For Android, Amazon/Kindle/Nook:デバイス用のアプリを作成します。Android/Kindle/Nookのどれかを選択します。
  • Open in Editor:テキストエディターでmain.luaを開きます。
  • Show Project Files:プロジェクトフォルダを開きます。
  • Show Project Sandbox:プロジェクトのサウンドボックス(ワークフォルダ)を開きます。
  • Relaunch:シミュレータを再起動します。
  • Close Project:プロジェクトを閉じます。
  • Preferences:下記のダイアログが開かれます。


「To use this product on another computer, you must deauthorize this computer.」
Corona SDKのシミュレータがインストールできる台数は、2台までとなります。他のコンピュータで使用する場合は、登録を解除(Deauthorize) してください。

  • Deauthorize and Quit:登録を解除し、シミュレータを終了します。
  • Help us improve Corona by sending us anonymous feedback:フィードバックをCorona Labsに送信します。
  • Don’t show the Welcome screen:ウェルカムスクリーンの表示を行いません。

Hardwareメニュー


デバイスの動作をシミュレータで試します。

  • Rotate Left:デバイス(シミュレータ)を左に回転させます。
  • Rotate Right:デバイス(シミュレータ)を右に回転させます。
  • Shake:デバイス(シミュレータ)を振る動作を行います。
  • Suspend:デバイス(シミュレータ)をサスペンドモード(一時停止)にします。

Viewメニュー


シミュレータの表示を設定します。

  • Zoom In:拡大します。
  • Zoom Out:縮小します。
  • View As:いろいろなデバイスの解像度でプロジェクトを再生します。
  • Welcome Screen:ウェルカムスクリーンを表示します。
  • Corona Demos:デモを表示します。

Helpメニュー


ヘルプとして、オンライドキュメントやサンプルプロジェクトを開きます。

  • Online Documentation:ウェブのリソースページを表示します。
  • Sample Projects:サンプルプロジェクトの一覧を開きます。
  • About Simulator :バージョン情報を表示します。