本文へスキップ

Kwik App Design Book: 6 エラー


エラーのデバッグ

もしもエクスポート処理が数分経過しても完了しなければ、なにかエラーが発生しています。完了のメッセージが表示されずにフォトショップが通常どうり使用可能になったとしたら、エラーが発生している可能性があります。

  • 空のレイヤーがフォトショップのページに存在している。削除して再度エクスポートを試みて下さい。
  • レイヤーが変更や削除せれていたが、以前の参照が残っている。ボタンからの参照などです。警告メッセージが表示されます。
  • 同じ名前のレイヤーが存在する場合、警告メッセージが表示されます。
  • テキストのレイヤーの名前に非適切な記号などが含まれている。警告メッセージが表示されます。CoronaSDKのシミュレータは真っ黒な画面で何もエラーが通知されないかもしれません。その場合、以下の手続きを行って下さい。
  • CoronaSDKのシミュレータを閉じる
  • CoronaSDKがインストールされているフォルダを開く。

Macを使用している場合、Application > Corona SDK >Corona Terminal を開きます。 CoronaSDKの Simulatorも開きます。

Microsoft Windowsのユーザの方は上記のCorona Terminalの手続きは不要です。自動的にCorona TerminalはCoronaSDKシミュレータとともに開始されています.

再度プレビューをCoronaSDKシミュレータで行います。 Corona Terminal のコンソールに警告やエラーメッセージが表示されます。例えば下記のようなエラーが出力されます。
The audio file backAudio3.mp3 was not found;An error happened on the file page_1.lua, line 68

画面の出力内容は見にくい部分があるかもしれませんが、このエラーの内容で重要点は、audioファイルの警告ではなくて、line 68でエラーが起こっているということです。最初エラーは、それに連なるエラーも発生させますので最初のエラーに注目してください。

このユーザガイドでは、Kwikがエクスポートしたファイルのエラーについて詳細に解説はできませんが、Corona Terminalのメッセージを確認することで修正の手がかりを得ることできます。Kwikの開発チームからのサポートを得たときには、バグ修正、原因究明のためのEメールで「動作しません」とご連絡いただくときには、この警告やエラーメッセージを付けてお問い合わせしていただければと思います。