Corona Build For Device

KwikはCorona SDKのluaファイルを生成します.詳しくはCorona Labsのドキュメンテーションをご覧ください.

https://docs.coronalabs.com/guide/index.html#building-and-distribution

Project Build Settings build.settingsとconfig.luaについて
Generating Live Builds デバイスにアプリケーションをロードさせる方法です
Provisioning and Building-iOS デバイスにアプリケーションをロードさせる方法です
Signing and Building-Android デバイスにアプリケーションをロードさせる方法です
Signing and Building-Kindle Fire デバイスにアプリケーションをロードさせる方法です
Creating macOS Desktop Apps Kwikはサポートしてないので,settingファイルを編集すると対応可能です
Creating Win32 Desktop Apps Kwikはサポートしてないので,settingファイルを編集すると対応可能です
Advanced Build Settings Kwikはサポートしてないので,settingファイルを編集すると対応可能です
Apple TV / tvOS Kwikはサポートしてないので,settingファイルを編集すると対応可能です
Building Launch Screens-iOS iOS11の対応が解説されています。
App Localization-iOS Kwikはサポートしてないので,settingファイルを編集すると対応可能です

iOS11と最近のCorona SDKの変更について


ここでは概要の説明とHayzieによる細かいヒントを記述します.

Android

このチュートリアルでは,KwikのユーザーのAaron Terryが,リリースキーの作成方法とGoogle Play Storeにアプリケーションをパブリッシュする方法について説明しています.ありがとうAaron!

https://youtu.be/MLGyak4qZl8

Amazon

このチュートリアルでは,KwikのユーザーのAaron Terryが,Amazone Storeにアプリケーションをパブリッシュする方法について説明しています.ありがとうAaron!

https://youtu.be/CBhUrRyMsJs

Apple

apple storeにアプリを提出する方法

Quick Hints

Xcode,CoronaとKwikが最新バージョンになっていることを確認してください 開発フォルダーの名前に空白を入れないでください(ハードドライブのrootにいたる全ての親フォルダを含む)

1. 証明書/キー/プロファイルのプロビジョン,プロセスの構築

Corona Labsのチュートリアルに従ってください:iOSのプロビジョンとビルディング

CoronaはiOSデバイスにビルドする方法を説明するビデオを提供しています.

2. アプリケーションのセットアップ

developer.apple.comにログインし,"iTunes connect"と"Manage Your Apps"に移動してアプリケーションをセットアップしてください.アプリを正しくセットアップするための必要な情報をここまでに全て用意していないといけません.アプリケーションを特定するためのmobile provisioningのファイルを保存する必要があります.

例: com.name.silly_app

一度アプリケーションに関する情報を入力して提出すると,アプリは"Preparing to Upload(アップロードを準備)"状態に入ります. Corona simulatorからアプリをビルドする前に,"Ready to Upload"のbutton/linkを必ずクリックする必要があります.

3. ビルド

アイコンとローンチ画面・スプラッシュスクリーンが設定されていることを確認してください.KwikウィンドウのProject Propertiesウィンドウでアイコンが作成可能です。Corona Simulatorの場合は、File->Buildに移動してください。

一度ビルドが完了したら,Application LoaderがiTunes Connectにアップロードするために必要とする.zipを作成します.このプロンプトに従って,作業を完了させてください.


高度なヒント

KwikのユーザーのHazieは,証明書の作成とアプリケーションの提出方法について丁寧に説明しています.ここからは彼からの投稿です。

私がアプリケーションをiTunes Connectにアップロードしたチュートリアルを公開した時に,いくつか質問がユーザーから報告されました.その回答をするためにここにいます.

しかし,私はこの内容について専門家というわけではありません.

http://youtu.be/vueupVlsBPs.

私はプログラマーではなくこれが初めてアップロードしたアプリケーションです.その点をご了承ください.

他にもたくさんの方法があると思いますが,これは実際に動作したものということで紹介する方法です.次回以降もこの方法で動作することを願います :)

今まで行ってきた過程を解説します。この情報が時に誰かの助けになることを願っていますが,情報が欠如している可能性がありますので,お気付きの際にはご連絡してもらえれば幸いです.

うまく動作しなかった原因をインターネットで見つけた変更点などに従って一個ずつ修正していきました.

簡単なヒント

  • Xcode,Corona,Kwikが最新バージョンになっていることを確認してください
  • 開発のフォルダーの名前に空白を入れないでください(ハードドライブのrootにいたる全ての親フォルダを含む)
  • Voodoo:Application Loaderを使用する時,プロビジョニングポータルサイトにサインインする必要があります(safariを使用して) また,Application Loaderを起動させる前に,itunes connectで"Ready to Upload"の状態になっている必要があります.

1. 証明書/キー/プロファイルのプロビジョンのクリーンアップ

  • "Keychain Access"を開き,前の"dist"と"dev"証明書を見つけてそれらを消去してください(新しいデータを作成します) * "iPhone Distribution:Your Name"と"iPhone Developer: Your Name"という名前のデータがKeychainの中にあります.
    • Keychain > (Side Bar: Category) > Certificates (もしくは “my certificates”)
  • “Keys”を選択することもできます
    • Key Chain > (Side Bar: Category) > Keys
  • Your Nameというだけのキーは削除します

私が最初にアプリをビルドした時に30回も失敗してしまった原因は,上記のステップで表示していない余分な証明書を見つけていなかったためでした.'iPhone'と右上の検索エリアに入力すると,見逃していた証明書を見つけることができます.

2. 再起動

voodooと同じです.

3. 新しい証明書を作成

古い証明書を削除し,以下のステップに従って新しいものを作成します."development"と"distribution"という名前の証明書が必要になります.正確な名前であることを確認し,iOSアカウントで使用しているメールアドレスを使用します.

iOS Prov Portal > (Side Bar: Certificates) Create から new もしくは revoke 数分待ってから更新されます。以下の指示に従ってください.

  • 証明書の設定を行う時に,名前とメールアドレスには細心の注意を払ってください(開発者アカウントをセットアップする時に使用したものを利用してください)

  • 要求された証明書を作成する時には,上記で説明した通りの名前とメールアドレスを使用してください.iTunes Connectからdevelopmentとditributionの証明書をダウンロードすることができます.

4. App IDsの設定

com.name.myappnameのような形式のApp IDを使用してください (ウェブアドレスのようなものですが,後ろから書かれていることに注意してください.このように必ずする必要はありませんが,必ず唯一のものにしてください)

注意: Coronaの"build.settings"ファイルにplist keysとして情報を追加しないでください.Coronaはビルドするとmobileprovisioningプロファイルデータを読み込んでいるからです。

5. プロビジョニング

  • dev、hocとstoreの3種類あります.

  • わかりやすく使いやすいように,プロビジョニングのプロファイルのタイトルは以下のような命名をします

    • silly_app_dev
    • silly_app_hoc
    • silly_app_store

こうすることによってファイルの特定が簡単になります.

6. あなたが取得したものを確認

取得したものを全て確認できるまで,プロビジョニングのプロファイルもしくは証明書をインストールしないでください. 以下のファイルを保持していることを確認してください:

  • developer_identity.cer
  • distribution_identity.cer
  • silly_app_hoc.mobileprovision
  • silly_app_dev.mobileprovision
  • silly_app_store.mobileprovision

7. 手動でファイルをインストールしないでください

もし手動でインストールしてしまうと(ダブルクリック,ドラッグ),重複してインストールしてしまう可能性があります.これが問題を引き起こしてしまう可能性があります.

iTunes Connectから"Organizer"を開いて一度だけ作成してください.

Xcode > Window > Organizer から右下のrefreshアイコンを押してください

Organizerの中にいくつかのKeychainとprofilesがあることが確認できると思います.

8. アプリケーションのセットアップ

developer.apple.comにログインし,"iTunes connect"と"Manage Your Apps"に移動しアプリケーションのセットアップを行なってください.ここまででアプリケーションを正しくセットアップするための全ての情報を持っている必要があります.アプリケーションを特定するためのmobile provisioningを保存する必要があります.

例: com.name.silly_app

一度アプリケーションに関する情報を入力して提出すると,アプリは"Preparing to Upload(アップロードを準備)"状態に入ります. Corona simulatorからアプリをビルドする前に,"Ready to Upload"のbutton/linkを必ずクリックする必要があります. このようにクリックを行うと,iTunes Connectでセットアップされます.

9. ビルド

アプリを作成方法について記述しているCoronaのドキュメントに従ってください.

重要:"application faild codesign verification"エラーと表示された時は,Corona projectフォルダーと"app"ファイルの外に出力したフォルダーの名前にスペースや特殊な文字が使用されていないかどうか確認してください.またシステムのパスを含めて同様に調べてください.

Good:

  • /User/boob/Desktop/silly_app/main.lua
  • /User/boob/Desktop/silly_app/silly_app.app

Bad:

  • /User/name/Desktop/I’m dumb/silly app i’m working on/main.lua
  • /User/name/Desktop/I’m dumb/build the silly app/my silly.app

他の証明書に関するエラーについては,Key Chain内のmultiple mobile provisioning profilesと証明書,キーの合併症によるものです.Xcodeで全て確認し直してください.

最後に

このヘルプがアプリをアップロードする過程の中で役立つことを願っています.私にとってはアプリをアップロードをすることの方がKwikでアプリを作ることより難しかったです.あなたのアプリケーションをストアで見かけられることを楽しみにしています.


Hayzieありがとう!

results matching ""

    No results matching ""