Saving Variables

変数は情報を保持し,アプリ終了時に保存しておくことが可能です。変数の作成(Create Variable)は以下の画像のようになります

  • Keep trackはファイルに変数を保存します.アプリケーションが再起動された時に,その変数が再読み込みされます.

Corona Simulator > File > Show Project Sandboxから変数を保持しているファイルを確認することができます.

  • Documentsフォルダーから,kwkVars.jsonを確認できると思います.テキストエディタからこれを開くことができます.

このファイルはjsonのリストによって構成されています.

[{"name":"myName","value":"kwiksher"}]

保存を実行するには,変数に数値を設定します.Edit Variableを、button/actionで呼び出してください。

  • Edit variable

Dynamic Textと変数

動的なテキスト(Dynamic Text Replacement)である変数がテキストレイヤーに関連づけられているときには、変数の設定が、Before layersに設定されている必要があります。レイヤーが表示されるタイミングより前に変数が定義されている必要があります。

external code & libkeyboard tutorial もご確認してください.

正しく変数が設定されていれば、保存後に,アプリケーションを再度開く時に、期待どうりの結果が表示されるでしょう。

Enjoy!

results matching ""

    No results matching ""