Page Curl

サンプルプロジェクトは、このリンクから取得してください.

このサンプルはultimate configによって作られています。

Preloading を無効

'preload pages'を無効にしてください.これはpage curlと競合してしまいますので、無効にする必要があります。

Advnacedの Settings タブから, Preload pagesのチェックを外してください

>または直接 tmplt/components/page_common.luaを編集して、preloadingの部分を削除してください。

tmplt files の変更

Project properties > General Tabから, page curl を有効にしてください

Flipping Audio (optional)

もしページがめくられている時に、オーディオを再生したい場合,flip_audioを有効にして、それに対応したオーディオファイルを準備してください.

tmplt/components/page_swipe_curl.lua

local flip_audio = false
local laserSound
--
if flip_audio then
  laserSound = audio.loadSound(_K.audioDir.."page-flip-02.wav")
end

_K.audioDir は build4/assets/audios にあります

page-flip-02.wav は著作権フリーのサイトから入手したものです

背景画像のサイズの設定 (optional)

page_swipe_curl.luaのはじめは以下のようなコードが記述されていると思います.bgW,bgHは背景画像の横幅と高さを示しています。page curl areaはこれらの値に依存します.場合によってはこの値を変更したいことがあるでしょう.

{{#ultimate}}
-- local bgW, bgH = 1280/4, 1920/4                 --  layer.{{backLayer}}.width, layer.{{backLayer}}.height
local bgW, bgH = display.contentWidth, display.contentHeight
local pgX, pgY = _K.ultimatePosition(640, 960) --  layer.{{backLayer}}.x, layer.{{backLayer}}.y
local curlWidth = 400/4
{{/ultimate}}
{{^ultimate}}
local bgW, bgH = 1152, 2048
local pgX, pgY = 768,  1024
local curlWidth = 400
{{/ultimate}}

ultimate config

この最初の部分はultimate configで使用されます

{{#ultimate}}
-- local bgW, bgH = 1280/4, 1920/4                 --  layer.{{backLayer}}.width, layer.{{backLayer}}.height
local bgW, bgH = display.contentWidth, display.contentHeight
local pgX, pgY = _K.ultimatePosition(640, 960) --  layer.{{backLayer}}.x, layer.{{backLayer}}.y
local curlWidth = 400/4
{{/ultimate}}

ultimate configではない部分

{{^ultimate}}
local bgW, bgH = 1152, 2048
local pgX, pgY = 768,  1024
local curlWidth = 400
{{/ultimate}}

Debug mode

テストが終了したらこの記述を削除してください.

local debug = false

results matching ""

    No results matching ""