Other Lua files

extlib/iap_badger.lua と extlib/spinner.lua が使用されています.ダウンロード中に回転するアニメーションを変更したい場合,spinner.luaを編集してください.

model.lua - tmplt/components/store/

  • YourHost変数にあなたのウェブサーバーのホストURLを設定してください.

if model.URL = nil

  • これはKwik3 IAPと言ったダウンロードネットワークを使用しない簡単なIAPストアを意味します.
  • downloadBtnとsavingTxtは使用しません.なので,これらを作成する必要はありません.
local M = {}
--
local IAP             = require("components.store.IAP")
--
local YourHost  = "http://localhost:4000/tutorials/Kwik4"
M.URL           = YourHost.."/BookShelf/"
M.backgroundImg = "bg.png"
M.bookShelfType  = {{bookShelfType}} --{pages = 0, embedded = 1, tmplt=2}

動作の仕方

Shelf.psdはpage01として処理されます.Epsode2とEpsode3を購入するボタンを自動で生成するコードをいくつか紹介しましょう.

ページの目次

1 Shelf.psd table of contents, user to read an epsode or to purchase an epsode
2 ep01.psd Epsode1
3 ep02_info.psd Epsode2 Purchase Infomation
4 ep02_1 Epsode2-1
5 ep02_2 Epsode2-2
6 ep03 Epsode3

page_IAP.lua - componens/page01/

  • 自動的に"restoreBtn"レイヤーを参照して,Epsode2のdisplayObjectとrestoreBtnのeventListernerのインスタンスを作成します.
  • "Epsode02Icon"レイヤーを参照して,Epsode2のpurchase/download/savingTxt/savedBtnのdisplayObjectsとeventListenersのインスタンスを作成します.
  • "Epsode03Icon"レイヤーを参照して,Epsode3のpurchase/donwload/savingTxt/savedBtnのdisplayObjectsとeventListenersのインスタンスを作成します.

  • Epsode1は無料なのでボタンはありません
  • Epsode2とEpsode3の購入ボタンが作成されます

このUIは"Epsode02Icon"を持っているpage03のep02_info.psdでも動作します

CMD.init

CMD.initはmodel.luaから商品の一覧をセットアップするためのIAP.initを呼び出します.外部コードで,商品が購入されているかいないかをチェックするために以下の関数を呼び出します.

  • local IAP = require("components.store.IAP")
  • local productName = "Epsode02"
  • IAP.getInventoryValue("unlock_"..productName) はtrueかfalseを返します

External codes

create_infoPage.lua

local model       = require("components.store.model")
local ui          = require("components.store.UI").new()
_M.cmd         = require("components.store.command").new()
ui:init(sceneGroup, layer, true)
_M.cmd:init(ui)
ui:create(model.currentEpsode)

destroy_infoPage.lua

_M.cmd:dispose()

results matching ""

    No results matching ""