Adding Page & Audio

ここは作業の中で楽しい部分です.もし,coverA.psdのファイルを開いていない場合には,以下のzipファイルを展開してください.このファイルにはプロジェクトで扱うページ(psd)が含まれています.

Toolset BarにあるNew Projectボタンを押してください.以下のようなウィンドウが開きます:

Afraidという名前でiPad Mini の1024 × 768に設定されています.この設定は,Afraidサンプルは、元々 Kwik3で作成され,解像度が1024 × 768 の横向きの画像を用いているためです. Createを押すと,Kwikは選択されたデバイスに応じた寸法と解像度を設定します.なので,デバイスのサイズなどを細かく設定する必要はありません.

  • Name: Afraid
  • Device: iPad Mini
  • Orientaiton: Landscape
  • Use: CoverA.psd

パネルが以下の画像のように変化しているのを確認してください:

パネルには、いくつかの情報が表示されています。現在CoverAは 001ページに設定されました。またプロジェクトフォルダーが作成されて、CoverA.psdがそのフォルダーにコピーされています。そのフォルダーは以下の場所に保存されています.

  • ~/Documents/Kwik/Afraid

このチュートリアルでは、全ての機能について説明できないので,さらに詳しく知りたい場合にはKwik Toolsetの項目を参照していただくことをお勧めいたします.

アセットのコピー

afraid.zipの中にあるサウンドファイルとpage2.psdをプロジェクトフォルダーにコピーしてください。~/Documents/Kwik/Afraid フォルダです。

  • page2.psd
  • lights.mp3
  • terror.mp3
  • they.mp3

オーディオの追加

サスペンスな雰囲気を作り出すために,BGMを設定してみましょう.ToolsetのProject and Pages から,Add Audio buttonを選択してください.

下記の画面が現れたら以下のように設定してください

  • terror.mp3
  • Short file
  • Play when page starts
  • Loop forever

    terror.mp3を指定し,Short file と Play when page starts のチェックボックスを選択してください.Controls boxの中にある select Loop foreverも選択してください.

Components view に切り替えてください

すると,terror audioが追加されたことが確認できたと思います.

画像出力(Export Images)

画像出力の設定が有効になっている場合、アイコンがオレンジ色になります。

パブリッシュ(Publish)

次に Publish buttonを選択してください. Kwikが画像やコードを生成します。

全ての画像とコードの生成が完了したら,下のようなダイアログが表示されます.

OKボタンを押すと,Corona Simulator が開かれ以下のような画面が表示されます.:

Corona Simulator

Kwikの publish button が押された時に,生成されたコードと画像を Corona Simulator が開きます。もし,Corona Simulator から、手動で開きたい場合には,build4 フォルダーに生成されたコードと画像が格納されています。

  • ~/Documents/Kwik/Afraid/build4

ここから main.lua というファイルを選択し,File > Openを選択します.

もし,シミュレートしたいデバイスとして iPad Mini で確認したい場合,Window > View As > iPad Mini を選択してください.これでKwik4を用いてBGM付きの1ページ目を作ることができました.

results matching ""

    No results matching ""